神社・寺院へのお参り方法

神社や寺院の境内に入ったら手水舎でお清めをして、拝殿や本堂で賽銭を捧げます。神社には日本の神様、寺院には仏像などがまつられており、参拝の仕方が少し異なります。
<手水(てみず・ちょうず)の作法> 
× 柄杓(ひしゃく)に直接口をつけるのはNG
1.まず柄杓を右手に持ち水を汲む。 その水を左手にかけ、洗い清める。
2.柄杓を左手に持ち替え、同じ様に右手を洗い清める。
3.次に柄杓を右手に持ち替え、左手に水を受けて口をすすぐ。
4.最後に、口をすすいだ左手を洗い清める。
<神社参拝の作法>~基本は「二礼二拍手一礼」
賽銭をお供えし、鈴があれば鳴らします。鈴の音は自らを祓い清める意味と、お参りに来たことを神様にお知らせする意味があります。基本は二礼二拍手一礼です。
1.まず2回深くお辞儀をします(二礼)
2.次に2回手をたたきます(二拍手)
3.その後1回深くお辞儀をします(一礼)
<寺院参拝の作法>~胸の前で合掌
寺院では胸の前で合掌し、頭を下げてお参りします。手はたたきません。宗派によっては指を互いに組むなど違いもあるので注意が必要です。お墓のあるところもあります。

【参考】
日経新聞電子版
尼崎市神社あんない 

エリアから探す

地域名をクリックしてください 丹後地域 丹波地域 京都市 山城地域

イベントカレンダー

前月 2017年10月 次月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お天気情報

日本のあそび体験施設:気楽館

気楽館トピックス

ファミどす京都はサポーターを募集しています。

フォトギャラリー:みんなの写真をご覧いただけます

ページの先頭へ